仲間と行く道東の旅 
              
 今年3月で仕事を離れた「JO7CHV鈴木さん」が、念願の北海道暮らしの体験旅行に
出かけるプランを耳にして、いわきオーロラグループのメンバー+アマチュア無線の仲間と
追っかけ旅行とも言うべき旅に出かける事になりました。
 この旅のコンセプトは、鈴木さんと同行しての旅、そしてコースは、メンバーがまだ訪れて
いない(または回数が少ない)道東の旅、そして、以前ガスの中での登山となった「斜里岳」
登山もコースにしました。当然登山をされない方は、知床散策の別行動も計画しました。
そして、経費を軽減するために、宿泊は、自炊をメインに、インターネットで探り当てた
「清里町 ちょっと暮らし」3LDK一戸建て利用で、光熱費込みで、4泊で一人7000円、
吹上温泉保養センター 白銀荘(上富良野町)」 一泊2600円を選択しての旅としました。
 道東の天気が崩れる予報を受けて、上富良野への移動を一日前倒ししての旅となり、予定外の
原始ケ原散策も実現しました。
 北海道暮らしを満喫中の鈴木さんと一週間同一行動が実現しましたし、鈴木さんが現地でお世話に
なっているアマチュア無線局、私が以前登山の際にお世話になったアマチュア無線局ともお会い
出来た事の感動と感謝を手土産に、無事メンバー全員帰還が出来ました。
 同行いただいた仲間の皆さん、そして現地で再会出来て一緒に行動して頂いた鈴木さん、有難う
ございました。
 それぞれの日程ごとに、メンバーの旅姿画像を紹介させていただきます。楽しさが伝われば幸いです。

<日程>
1日目 7月14日(土)   210キロ
    いわき⇒仙台港      19時40分出港(きたかみ)
1日目の画像はこちらから

2日目 7月15日(日) 321キロ
    苫小牧港 11時00分到着⇒釧路
2日目の画像はこちらから

3日目 7月16日(月)   269キロ
    釧路⇒根室⇒清里
3日目の画像はこちらから

4日目 7月17日(火) 130キロ
    知床散策(斜里岳登山、知床堪能)
4日目登山メンバーの画像はこちらから
知床堪能メンバーの画像はこちらから

5日目 7月18日(水) 130キロ
    摩周⇒知床峠⇒知床五湖
5目の画像はこちらから

6日目 7月19日(木) 130キロ
     清里⇒サロマ湖⇒層雲峡⇒旭川⇒富良野
6日目の画像はこちらから

7日目 7月20日(金)   330キロ
    富良野散策   
7日目の原始ケ原散策画像はこちらから
富良野堪能メンバー画像はこちらから

8日目 7月21日(土)   250キロ
    富良野⇒小樽⇒苫小牧港 19時00分出港(きたかみ)
8日目の画像はこちらから

9日目 7月22日(日)   210キロ
    仙台港 10時00分到着⇒いわき
<費用 予算>
    車    一人 15000円(高速、燃料)
    フェリー 一人 25000円(5名で一台 車両搬送含む)
    宿代   一人 15000円(釧路、清里、富良野)
    食事代      一人 5000円 (清里、富良野 計10食分)
    合計   一人 60000円