2005年6月 新潟・粟島の旅
6月25日〜26日


























日記より(さとし君'S ROOM
一日目
 25日(土)午前3時前に目覚ましのON前に目覚めた。金曜日の午後11時過ぎに寝たんだから!睡眠は不足状態だ。早朝、旅の身支度を整えて軽い朝食だ。つまりヘルシードリンクってヤツをINだ。
 午前4時、新潟粟島に向けて自宅を出る。S水さんを自宅まで迎えに行く。ここの時点で旅の同行者のアマチュア無線各局と交信がスタートだ。いわきからの車三台、お互いのスタートダッシュ状態がつかめつつ行動できる。午前4時30分には、T田君、K澤君夫婦とも合流だ。スタークラフトちゃんに6名が乗り込む。T田夫人はお見送りだ。次回ね。
 午前5時には、他のメンバー7人とも合流して、「どうも、どうも」「やぁや、やぁや」と挨拶だ。コンビニで朝食をゲットして三和インターから高速の人となる。この時間には、富山の黒部から参加のH野さん夫婦もスタートしているだろう。
 順調な走行で、午前6時20分?磐梯山SAで休憩だ。予定通りのコースタイム?だ。気温が高いのもあるだろう、磐梯山もスキッと見えていないし、飯豊はガスの中だ。会津に入り、西会津のK藤君がアマチュア無線でお見送りだ。有り難いね。仲間って。
 津川ICで高速を降りたものの、ナビの案内通りに進んだら、最短コースでない安田から新発田へのコース取りになってしまった。仕方ないね。阿賀野里の道の駅で休息だ。この時間帯になると新潟のアマチュア無線の仲間が出迎えてくれる。これまた有り難い。H野さん、そして粟島への旅の案内?人N谷さん、H入さんとも交信が続く、W辺さんからも歓迎のゴアイサツをいただく。
 安田から、新発田と走り継ぎ、新発田では、N谷さんは自宅前で待機していてくれた。そして合流、H野さんが差し入れを準備しているというので、柿木3段GP?ということでアマチュア無線の世界で話題?の自宅訪問だ。ここでも「どうも、どうも」「やぁや、やぁや」と挨拶だ。そしてホカホカの饅頭をゲットだ。
 再び移動開始だ。粟島へ渡るフェリー乗り場の岩船港に到着したのは午前9時過ぎだ。本日のみ参加のT橋さん、黒部からのH野さん、新津のH入さんに出迎えを頂く。そこにS谷さん、T井さんが合流だ。
 乗船手続きを開始だ。アマチュアの機材も持ち込む。100`で片道2100円の積み込み料金だ。そしてI十嵐さん、M野さん、S原さん、とも合流だ。そして乗船開始だ。
 10時30分には出港だ。1時30分、すでに宴会フェリー状態だ。この時間から飲めって凄くない。
 12時、定刻に粟島到着だ。一晩お世話になる民宿「甚吉」さんの出迎えだ。フェリーターミナルのレストランで総勢24名での大昼食会だ。自己紹介と二日間の予定について打ち合わせ完了だ。ここでもお酒をお飲みの皆さんは凄い。
 午後1時30分には、民宿に戻り、アマチュア無線を楽しむメンバー、島内観光を楽しむメンバーと行動開始だ。
 午後3時前には、バンガローでの移動運用の準備も整い、試験電波もOK「CQ、CQ、CQ、コチラはJI7XXH粟島移動です」と電波を出し、交信が始まる。この時間同行のT橋さんご夫婦は船で岩船に戻る。有難うございましたとアマチュア無線で交信だ。
 午後4時?同行のA部ちゃんから無線で呼ばれる。島内サイクリングのメンバーでお疲れの皆さんがいて、SOSらしい。N井さんが民宿から借りている軽トラックで回収に出動だ。
 午後5時過ぎには、夕食前に、漁り火温泉で綺麗・綺麗だ。ここで島内サイクリングメンバーと合流だ。島に渡りはじめてのおビールをいただく、ウメーッ!!
 午後6時30分、大宴会開始だ。海の幸、お酒、会話と盛り上がる。午後8時過ぎは、再び自由行動開始だ。再びバンガローに戻ってアマチュア無線の開始だ。午後9時30分?民宿に戻り沈没だ。

二日目
 26日(日)午前5時前にはお目覚めだ。O田君なんぞトックに起きていたらしく、寝ている仲間を起こせず、バンガローまで二往復して時間をつぶしていたらしい。N井のお兄さん達も港散策にでかけているらしい。アマチュア無線を楽しむメンバーを起こして出かける。朝から電波を出すと数局から声がかかる。7時頃まで運用して民宿に戻り、身支度を整えて朝食タイムだ。特別に「わっぱ煮」を追加してもらい豪華な朝食となった。大満足しての島内観光に参加だ。
 午前9時に粟島一周の観光船に乗り込むメンバー16名?スタートは今日も浪が穏やかだ!なんて余裕もあったけど・・・凄い事になった。窓の外が浪しぶきで見えない程のローリングだ。チョッと楽しい。そして景色もナカナカではないか!昨日、◎◎婦人達が足で稼いだ?サイクリングコースなんぞもご紹介いただく。アップダウンの多いコースだということがウナズケル。
 1時間余りの観光船を降りて、いよいよアマチュア無線のお片づけにバンガローに向かう。オカタヅケも開始しているメンバーと合流して、引き続いて短波運用のバンガローに向かう。こちらもほぼお片づけ終了だ。12時過ぎには民宿に戻り、バンガローの鍵を村役場に帰して、手荷物の積み込みの手続き完了だ。お借りした軽トラックを民宿に戻す途中、木陰でノンビリしている面々発見だ。しばしの休息と記念撮影だ。このホームページのトップページにも載せたけど、良い顔しているね。素敵ーッ!!
 民宿に一旦戻って、個人の荷物を背負い、フェリーターミナルに向かう。午後2時に集合かけているので、それまで昼食だ。今日は、カツカレーの大盛りだ。帰りも運転だし、明日からの研修もあるのでカツの力で活力をゲットだ。
 午後2時30分前には乗船開始だ。昨日と同じスペースを確保してまたまた宴会フェリー状態だ。でも流石に天気にも恵まれて、食事も満足の二日間にマドロミの人々多数だ。午後3時出港を挟んで結構ノンビリ出来た。
 午後4時30分には岩船港に到着だ。荷物の車への積み替えの後に集合写真だ。22名+日帰りで参加していただいたH野さん。お疲れ様でした。また皆さんご一緒しましょうね。
 午後5時前かな?いわきに向けて出発だ。新潟の仲間の皆さんがお土産が買えるところまで引率してくれる。そして一人一人と新発田でのお別れで、いわきメンバー車三台での移動となった。はじめての道ではあるけど、アドバイスとナビでスムーズに最短のコースどりで高速に乗れた。
 午後8時1分?磐梯山SAで夕食だ。何でだか喜多方ラーメンがメンバーに人気だ。30分の夕食休憩も終えて次なる補給基地?あぶくまSAに向かう。日曜日の夜、しかも午後9時を過ぎると車も少ない。燃料の補給を終えて、いわきから参加の13名の解団式だ。後は、車ごとにメンバーを無事に送るだけだ。スタークラフトちゃんで同行したメンバーを送って、自宅に着いたのが午後11時だった。疲れたけど、満足の二日間だった。二日間の添乗員としての仕事と、ドライバーの仕事もパーフェクト?にこなした自分に乾杯だ。
 引き続き、月曜日からの研修の準備をして布団に入ったのは午前0時を過ぎていた。